「臨床心理士・盛田祐司」に 新規登録(無料)しませんか?
メインメニュー
アクセス (2000.10.01〜)
今日 : 208208208
昨日 : 252252252
今月 : 7408740874087408
総計 : 543768543768543768543768543768543768
【「自己成長による運命転換」」の総合的サポート】
 ユング心理学を中心とする深層心理学を発展させたプロセスワークと心理的サポートに特化した心理数霊術などの東洋占術を活用して,「自己成長による運命転換」を総合的にサポートします。心身の症状や対人関係のトラブルと向き合い,起こっていることの意味に気づくことで無意識の智恵からのメッセージを受け取って,「たましいの願い」と呼んでいる心の深いレベルとつながり生きる喜びを感じられる方向性のサポートです。
詳しくは,▼運命転換心理学研究所▼にどうぞ。
【プロセスワーク体験のワークショップ開催】
 プロセスワークプラクティショナーとして,プロセスワークを基盤にしたワークショップを月替わりで毎月開催しています。「メロディックドリームワーク」「パートナーシップの依存と自立」「倍音が導くパラレルワールド」の3種類で,深層心理につながる音を活用したちょっとマニアックな,無意識の智恵につながるワークショップです。プロセスワークの入門や体験としても学べて,タロットなどを用いたシンクロニシティの妙もお楽しみいただけます。
詳しくは,▼運命転換心理学研究所▼をご覧ください!

大変失礼かもしれませんが・・・・

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2006-11-5 22:09
ayamo  新参   投稿数: 2
初めまして。初投稿です。
何度か訪問して、ブログを読ませていただきました。
とても興味があります。

私は臨床心理士を目指しています。
現在編入を考えている理系大学生です。

質問があります。あと、悩んでいます。
何故臨床心理士なのでしょうか?

友人に問われました。
私は臨床心理士の魅力や自分のやる気も話しました。
そこで友人は、「じゃ医者になれば?」と…
言い返せませんでした。
お医者さんは臨床心理士さんみたいなことはしない、と言っても
「じゃあそれができる医者になればいいんじゃないの?」と
「カウンセリングに長時間かけれる先生に、企業や学校にもでむくような先生に」

言い返すことができませんでした…

確かに友人の言うこともわかるのです。
臨床心理士は医者ほど影響力も権力ももっていない。
だから医者になったほうがいいと。
臨床心理と医者の目指す方向は違うが、医者が臨床心理になることは容易だが、臨床心理士から医者になることは困難である。
医者が両方できたらいいのでは?
医者はもちろん人間の身体もたくさん学ぶ。臨床心理はそんなに人間の身体をを学ばなくてよいのだろうか?
などなど…


ですので聞きたいのです。なぜ臨床心理士なのでしょうか?
乱暴な言い方ですが、医者のほうが不都合はあまりないのではありませんか?
あるとしたら、医者だから病院以外は出て行けないぐらいなのではないかと…(これもお医者さんによっては出て行ってることもあるし)

私自身は臨床心理士になりたいのですが…
何故臨床心理士になりたいのか、と問われても、何故医者になりたいのか、と問われても同じ答えしか言えないのです。
私は確かにお医者さんのほうが身体にも直接触れることができる…。ただ、感覚でお医者さんとは違う気がするということしか言えなくて…困っています。

盛田さんはどうして臨床心理士になろうと思ったのですか?
よければ聞かせてください。

また、この質問が不適当または失礼に値するのであれば即刻削除してください。
投票数:177 平均点:4.35
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2006-11-8 18:33
CPmorita  管理人 居住地: 埼玉県越谷市  投稿数: 173
ayamoさん,初投稿&ご質問ありがとうございます。終わりの方の質問は,文脈から考えて,僕がどうして医師ではなく臨床心理士になろうかと思ったのかという意味だろうと思います。臨床心理士を目指した時点で,医師(精神科医)という選択肢は考えなかったんですけど,なぜかというと,「医師は病気を診るという社会的役割だから」です。僕は当初から,人間がより充実して生きるということにも関心が強くて,病気といわれる状態でもそれが回復していく過程でより充実した生き方とか新しい価値観とかを見いだしていけるように援助できたらと思っていました。ですから,健康な人でも気軽に関われる臨床心理士になりたいということしか頭にはなかったですね。
引用:
お医者さんは臨床心理士さんみたいなことはしない、と言っても
「じゃあそれができる医者になればいいんじゃないの?」と
「カウンセリングに長時間かけれる先生に、企業や学校にもでむくような先生に」
それでよければ,それもありだと思いますよ。まあ,保険診療の範囲でじっくり患者さんの話を聞いていたら,たぶん開業医として経営的に成り立たないでしょうけどね。保険診療で投薬して,実費でカウンセリングをするとしても,ダブル・ロールになって上手くいかないと思います。ダブル・ロールについてはブログに書こうと思いますが,医師と臨床心理士が役割分担しているところではよく,「先生(医師)には言えないけど,臨床心理士さんには言える」という患者さんの言葉が聞かれるという例でわかるでしょうか。
引用:
確かに友人の言うこともわかるのです。
臨床心理士は医者ほど影響力も権力ももっていない。
だから医者になったほうがいいと。
前述の話ですが,影響力も権力も持っているからこそ,患者さんが自分の言いたいことを言えないということになるんですよね。自分はそうならないと思ってみても,文化的に医師−患者が上下関係になる構造にあるので,それを取り払った関係性を築くのには相当時間がかかると思います。
引用:
医者はもちろん人間の身体もたくさん学ぶ。臨床心理はそんなに人間の身体をを学ばなくてよいのだろうか?
身体的疾患およびそれを治療する薬物に起因する精神症状についてなど,勉強しておくべきことはいろいろあると思います。
引用:
私自身は臨床心理士になりたいのですが…
難しい理屈より,友達にならそれが理由で何がいけないんだろうという気がします。親を説得しなければいけないとしたら,社会的なランクからしても身分が不安定な臨床心理士より医師の方がいいという固定観念を覆すのは難しいことかもしれませんけど。自分の「なりたい」という気持ちを大切にすることが,クライエントさんの気持ちを大切にすることにつながらんじゃないかなと思います。

以上,お返事になっていれば幸いです。
投票数:134 平均点:5.07
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2006-11-12 0:03
ayamo  新参   投稿数: 2
返信ありがとうございます!
自分も考えすぎてしまっているかなとも思っていました。

友達と同じことを親にも言われましたw

お医者さんの役割ってそうなんですよね。
勉強になりました。
固定概念を覆すのが難しいです。

これから頑張っていこうと思います。
本当にありがとうございました。
投票数:260 平均点:4.77

  条件検索へ


ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ブログ カレンダー
« « 2018 6月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のブログ記事
Copyright(c) 2000-2010 Yuji Morita All Rights Reserved.