「臨床心理士・盛田祐司」に 新規登録(無料)しませんか?
メインメニュー
アクセス (2000.10.01〜)
今日 : 271271271
昨日 : 471471471
今月 : 9332933293329332
総計 : 535175535175535175535175535175535175
【「自己成長による運命転換」」の総合的サポート】
 ユング心理学を中心とする深層心理学を発展させたプロセスワークと心理的サポートに特化した心理数霊術などの東洋占術を活用して,「自己成長による運命転換」を総合的にサポートします。心身の症状や対人関係のトラブルと向き合い,起こっていることの意味に気づくことで無意識の智恵からのメッセージを受け取って,「たましいの願い」と呼んでいる心の深いレベルとつながり生きる喜びを感じられる方向性のサポートです。
詳しくは,▼運命転換心理学研究所▼にどうぞ。
【プロセスワーク体験のワークショップ開催】
 プロセスワークプラクティショナーとして,プロセスワークを基盤にしたワークショップを月替わりで毎月開催しています。「メロディックドリームワーク」「パートナーシップの依存と自立」「倍音が導くパラレルワールド」の3種類で,深層心理につながる音を活用したちょっとマニアックな,無意識の智恵につながるワークショップです。プロセスワークの入門や体験としても学べて,タロットなどを用いたシンクロニシティの妙もお楽しみいただけます。
詳しくは,▼運命転換心理学研究所▼をご覧ください!

文教大学について教えてください!

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2008-1-19 19:51
mamiko  新参   投稿数: 2
盛田さん、フォーラムの皆さんはじめまして。

文教大学の大学院(臨床心理学専攻)への受験を検討しているものです。

そろそろ出願の時期なのですが、いまだ研究計画書も出来上がっていません(涙)

研究計画書を書くために、ナラティブに興味があったのでいろいろな文献をあたっていましたら、学会のライフフトーリーについてのシンポジウムでの質疑応答での盛田さんの発言にバッタリ出会いました♪(セナのお話です!)

と、前置きはさておき、文教大学について教えて頂けませんでしょうか?よろしくお願いします。

質問1:盛田さんは土沼雅子先生の研究指導を受けられていたようですが、文教でナラティブ関連の指導をしていただけそうな先生は、他にいらっしゃいますか?

質問2:願書で提出した研究計画書と実際に書いた修士論文は、同じでしたか?

質問3:一次試験と二次試験がありますが、何割ぐらいの人が二次まで行って、最終的な合格者は何人ぐらいなのでしょうか?

質問4:盛田さんは、社会人入試でしたか?

質問5:その他文教大学への受験で、準備しておいた方が良いことがありましたら、ぜひぜひ教えていただけませんか?

なんだか、質問攻めして申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
投票数:173 平均点:4.57
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008-1-21 17:58
CPmorita  管理人 居住地: 埼玉県越谷市  投稿数: 173
mamikoさん,はじめまして。初投稿を歓迎します。

引用:
研究計画書を書くために、ナラティブに興味があったのでいろいろな文献をあたっていましたら、学会のライフフトーリーについてのシンポジウムでの質疑応答での盛田さんの発言にバッタリ出会いました♪(セナのお話です!)
そういえば,載るという話は聞きましたね。ファン心理をもっとわかってほしいという想いと,セナの魂のためにという想いで発言したんですが,思い返すとお恥ずかしい。僕自身は,当時セナファンというよりプロストファンでしたけど,セナという人を尊敬しているので。他にも,敬愛するアーティストを失っているので,そういう気持ちを伝えたい,わかってほしいと思いました。

引用:
質問1:盛田さんは土沼雅子先生の研究指導を受けられていたようですが、文教でナラティブ関連の指導をしていただけそうな先生は、他にいらっしゃいますか?
公表はしてないんですが,よく調べられましたね。ナラティヴをメインにして研究している先生というのは,土沼先生を含めても特にいらっしゃらないと思います。質的研究法というように広く捉えれば,臨床をやっている先生でしたらだいたいわかっていると思います。ただ,その後新しい先生も入られているので,その中には専門の先生もいらっしゃるかもしれませんが。ナラティヴだとかライフストーリー研究は,あの学会の後で質的心理学会に入ったりして自分で勉強したのがほとんどです。その上で,土沼先生に助言をいただいたりしました。

引用:
質問2:願書で提出した研究計画書と実際に書いた修士論文は、同じでしたか?
まあ基本的なテーマは同じです。方法論とかは院に入ってから勉強した感じですね。

引用:
質問3:一次試験と二次試験がありますが、何割ぐらいの人が二次まで行って、最終的な合格者は何人ぐらいなのでしょうか?
僕の時は外部枠で9倍強の倍率でしたが,今はわかりません。また,何割ぐらいの人が一次に通るのかはわかりません。二次の時に全体の人数を把握することはできなかったので。最終的な人数は要項でわかると思います。秋期と冬期の配分ということなら,わからないです。冬期の方が少ないとは思いますが。そういう細かいことは,大学職員じゃないとわからないと思いますよ。

引用:
質問4:盛田さんは、社会人入試でしたか?
僕の時は,社会人入試という枠はなかったので,一般枠です。

引用:
質問5:その他文教大学への受験で、準備しておいた方が良いことがありましたら、ぜひぜひ教えていただけませんか?
幅広く勉強しておくことに尽きるかと思いますが・・・。一次に通ることが先決だと思います。二次に残るのが定員の何倍もいるわけではないでしょうから。

あと,ブログの中に受験当時のことも書いてあるので,それも参考にしていただければと思います。
投票数:174 平均点:4.71
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008-1-21 19:01
mamiko  新参   投稿数: 2
盛田さん、早速のお返事ありがとうございます。

質的研究というのは、スカッと数字で判定できない所が、おもしろくもあり、難しくもありますね。

地道に頑張られている盛田さんをお手本に、私も目標に向かって頑張ります!

ありがとうございました。
投票数:149 平均点:3.83
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008-1-25 0:19
CPmorita  管理人 居住地: 埼玉県越谷市  投稿数: 173
何か参考になったなら嬉しいです。答える方に一生懸命で書いていませんでしたが,文教にせよ他の大学院にせよ,合格して臨床心理士になられることをお祈りしています。

引用:

質的研究というのは、スカッと数字で判定できない所が、おもしろくもあり、難しくもありますね。
心理臨床自体が数字でなかなか表せない世界ですから,質的研究がマッチすると思います。あと,書き忘れたのですが,文教は指導教員以外のの先生に助言を求めにいったりしても平気な雰囲気が気に入っていました。大学によってはそういうことがしづらいところもあるらしいです。
投票数:118 平均点:5.85

  条件検索へ


ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ブログ カレンダー
« « 2018 5月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
最近のブログ記事
Copyright(c) 2000-2010 Yuji Morita All Rights Reserved.