「臨床心理士・盛田祐司」に 新規登録(無料)しませんか?
メインメニュー
アクセス (2000.10.01〜)
今日 : 208208208
昨日 : 252252252
今月 : 7408740874087408
総計 : 543768543768543768543768543768543768
【「自己成長による運命転換」」の総合的サポート】
 ユング心理学を中心とする深層心理学を発展させたプロセスワークと心理的サポートに特化した心理数霊術などの東洋占術を活用して,「自己成長による運命転換」を総合的にサポートします。心身の症状や対人関係のトラブルと向き合い,起こっていることの意味に気づくことで無意識の智恵からのメッセージを受け取って,「たましいの願い」と呼んでいる心の深いレベルとつながり生きる喜びを感じられる方向性のサポートです。
詳しくは,▼運命転換心理学研究所▼にどうぞ。
【プロセスワーク体験のワークショップ開催】
 プロセスワークプラクティショナーとして,プロセスワークを基盤にしたワークショップを月替わりで毎月開催しています。「メロディックドリームワーク」「パートナーシップの依存と自立」「倍音が導くパラレルワールド」の3種類で,深層心理につながる音を活用したちょっとマニアックな,無意識の智恵につながるワークショップです。プロセスワークの入門や体験としても学べて,タロットなどを用いたシンクロニシティの妙もお楽しみいただけます。
詳しくは,▼運命転換心理学研究所▼をご覧ください!

Re: 臨床心理士の就職状況は?

  • このフォーラムはコメント用フォーラムです。新規トピックはたてられません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 | 投稿日時 2008-11-16 22:57
学生 
この書き込みやいろんな本などから困難であるという状況は理解することができました。
ですが非常勤にしても実際どのようにして働く場に着くのでしょうか? 私が高校のときに友達で一時期心が不安定になりその際に予約をとってカウンセラーの方に来て頂いて話を聞いてもらってたみたいなんですが、そういうのは何か団体に所属されている方が派遣されていくような感じなのでしょうか・・。
こんなあやふやな質問で申し訳ありませんがよろしければお返事ください!!
投票数:232 平均点:4.05
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008-11-20 1:03
CPmorita  管理人 居住地: 埼玉県越谷市  投稿数: 173
 ご質問ありがとうございます。
 非常勤といっても,基本的には募集があって,それに応募して委託を受けたり契約をしたりします。例えば,スクールカウンセラーは県の教育委員会が管轄ですから,県教委の募集に応募して,採用されればスクールカウンセラーとして派遣されることになります。医療機関でも民間のカウンセリングルームでも,基本的には同じですね。
 お友達の場合は,高校にスクールカウンセラーがいて,それで訪問してもらったのかもしれませんし,民間のカウンセリングルームなどでも訪問カウンセリングをしているところがあるので,そういう機関に依頼して来てもらったのかもしれません。詳しいことはわからないので推測になりますが,そのような感じだと思います。
投票数:266 平均点:3.08
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010-1-2 20:28
精神科医師 
臨床心理士は、分野横断的な資格として期待されておりますが、残念ながら、医療現場では対人業務をする場合、唯一の無資格者となります。医師法・医療法において、心理療法・心理査定等は医師の業務独占行為であり、医師が実施しなければ健康保険での診療請求はできません。また、1人の患者に対して、医師が保険診療で5分間心理療法をし、残り45分間臨床心理士が患者の自費負担で心理療法を実施した場合は混合診療となり、混合診療の禁止規定に反します。従いまして、現在、医師の指示の下に、医療現場で保険診療が可能となるように職能心理士(仮:医療保健心理師等の国家資格化)が検討されております。就職先は、医療現場を含めて非常勤が多いようですので、公務員試験を受けられまして児童相談所心理判定員やA種法務技官等になられることをおすすめいたします。
投票数:98 平均点:4.90
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010-1-3 16:18 | 最終変更
CPmorita  管理人 居住地: 埼玉県越谷市  投稿数: 173
 盛田です。投稿ありがとうございます。
 国家資格化についてですが,臨床心理学と関連する心理学の学会・諸団体を中心に,分野横断的な国家資格の創設を目指して意見がまとまりつつあると聞いています。医療分野では医師の指示のもとに業務を行う方向になっていますし,精神科医の先生方ともよりよい形で連携・協力ができ,患者さんやクライエントさんにも有益な形で国家資格ができることを願っています。
 心理療法・心理査定等が医師の業務独占行為,つまり医療行為であるというご意見ですが,これらが法的に規定された医療行為に当たるのかという議論については,様々な意見があり結論には至っていないと理解しています。実質的に,多くの精神科医療の現場では心理療法・心理査定等は臨床心理士が医師の指示のもとに業務を担っているわけですし,精神科以外の医療現場やEAP及び一般機関でも臨床心理士が心理関連業務を担っている実情があります。混合診療の問題は,多くは民間のカウンセリング機関と連携するか附属のカウンセリング機関を併設するなどして回避しているようですし,混合診療の制約を緩和する方向でも議論が進んでいるようですので,これらは解決の方向に向かうかもしれません。就職の現状は,安定を第一に求めるなら公務員を選ぶ方がいいというのは,僕も同意見です。
投票数:181 平均点:3.04
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2010-1-10 7:48
精神科医師 
盛田祐司先生の早速のコメントありがとうございました。精神療法(心理療法)および心理査定が医師の業務独占行為であるかについては「保険診療のてびき」には医師の業務独占行為であることが明示されております。しかしながら、精神病院もしくは精神科クリニックにおいて、臨床心理士が実施している現状があることが多いように思います。また、混合診療の禁止規定についても、外部EAPもしくは併設カウンセリングルームを利用することによって解決できることも事実です。盛田祐司先生のHpは臨床心理士養成指定大学院院生も注目されているので、ここで2つの熟慮すべき点を提示させていただきますれば光栄です。(1)精神科医療においては、?診断と薬物治療は精神科医師が実施し?精神療法(心理療法)と心理査定は臨床心理士が実施するという2分割の診療は患者にとってこのましいことではありません。しかしながら、人格障害や広汎性発達障害に罹患している患者の精神療法(心理療法)を精神科医師がすべて実施することは他の軽症患者の診療時間を失うことになりますので、コスト(タイム)ベネフィットを勘案して、今後、医師の指示の下に臨床心理士にカウンセリングをお願いする機会が増えると思います。この点が臨床心理士が医療に参画することができるチャンスと考えております。また、身体科医師(内科や小児科等)は、身体疾患を抱える患者に対して、50分間の間、ひとりの患者の「こころの相談」にのることは不可能ですから、ここでもまた臨床心理士が医療に参画する良いチャンスと考えております。そのために、心理臨床技術者の国家資格化が必要であると考えております。しかしながら、臨床心理士養成科目をみますと、医療に関する講義内容では心身医学もしくは精神医学のどちらかがD群選択科目となっており、医療現場で働くにはおそまつなカリキュラム構成になっております。これは、4年生大学看護学科での精神医学・精神保健等「こころの病気をあつかう」講義開講科目数よりも少ないという現実が存在します。(2)現在170校もの臨床心理士養成大学院が誕生しており、学生不足に悩む大学が、大学院を存在させるための目的で(大学院全体の学生定員を確保するために)安易に臨床心理士養成コースを設置した可能性が否定できないと考えております。大学院募集要項に「臨床心理士資格をとっても、実力がなければ就職はない。もしくは、臨床心理士養成コースの大学院修了は就職を担保するものではない」と明記しなければならないのではないかと考えております。ただし、盛田祐司先生のHpをごらんになっている臨床心理士養成コースの大学院生は、現在の就職氷河期において、理工学部等の大学院修了者が各自の専門性を生かせた企業の専門職へ就職できないという事実も是非知っておいていただきたいと思います。大変長文で失礼いたしました。
投票数:111 平均点:5.41
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010-1-11 1:44 | 最終変更
CPmorita  管理人 居住地: 埼玉県越谷市  投稿数: 173
 お返事とご見解ありがとうございます。私見としてお返事させていただきます。
 心理療法や心理査定が精神疾患の「治療」という意味において,医師の業務独占であるということは,日本の医療現場において医師が主導でチーム医療を行っているという観点からも,個人的に重視していますし,その点に異論を挟むつもりはありません。ただ,医療以外の現場においても心理療法や心理査定が主に臨床心理士によって行われているので,医師の業務独占の範囲は,医療現場で医師が診断した患者さんに対して,精神疾患あるいはそれに準ずる状態の「治療」を目的として行われるものと理解しています。
 精神科医療での精神科医師と臨床心理士の2分割が患者さんに好ましくないということですが,治療方針が共有されていないとか患者さんの治療者イメージが混乱するなどの点から,担当者が原則として単一であることが望ましいのは,臨床心理士業務でも同様です。ご指摘の通り,長時間の心理面接を臨床心理士が担う必要がありますので,両者で治療方針を共有しつつ,ATスプリットと言われるような形で役割分担して連携していく形が患者さんにも有効に働きうることには,臨床心理士と協働している精神科医師の先生方の間でもコンセンサスが得られつつあると理解しております。
 指定大学院のカリキュラムが医療現場には不充分とのご指摘は,個人的にその通りだと思います。ただ,医療現場に限らず,大学院を修了したレベルだけではどの現場でも充分というわけではありません。多くの大学院生は,在学中に「これでは足りない」と感じていますし,身銭を切って様々な研修に行ったり自分の目指す領域について勉強したりしています。医療領域を目指すのであれば,最低限DSM-IVや薬物療法について勉強し,また医療従事者として求められる基本的な知識や態度を身につけていく努力は不可欠だと思います。現場に出たての人間が使えないのは臨床心理士や医療従事者に限ったことではありませんが,医療従事者の一員になるのなら最低限の部分を身につけていてほしいと願うのは,医師だけではないようです。その点は,国家資格化を進める上でも改善してほしいと願っています。
投票数:171 平均点:4.62
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013-8-3 15:48
ゲスト    投稿数: 0
オークリー専門販売店2013新作,大人気オークリー 激安,オークリー サングラス,オークリー アウトレット,オークリー メガネ,80%以上割引,激安価額,100%品質保証,全商品送料無料! <a href=http://www.themodchick.net/>http://www.themodchick.net</a>
投票数:28 平均点:5.00

なし (未承認)

msg# 1.6
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014-7-24 10:48
(未承認) 
(未承認)

なし (未承認)

msg# 1.7
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014-7-24 10:48
(未承認) 
(未承認)

  条件検索へ


ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ブログ カレンダー
« « 2018 6月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のブログ記事
Copyright(c) 2000-2010 Yuji Morita All Rights Reserved.