「臨床心理士・盛田祐司」に 新規登録(無料)しませんか?
メインメニュー
アクセス (2000.10.01〜)
今日 : 5050
昨日 : 6868
今月 : 3874387438743874
総計 : 550192550192550192550192550192550192
【「自己成長による運命転換」」の総合的サポート】
 ユング心理学を中心とする深層心理学を発展させたプロセスワークと心理的サポートに特化した心理数霊術などの東洋占術を活用して,「自己成長による運命転換」を総合的にサポートします。心身の症状や対人関係のトラブルと向き合い,起こっていることの意味に気づくことで無意識の智恵からのメッセージを受け取って,「たましいの願い」と呼んでいる心の深いレベルとつながり生きる喜びを感じられる方向性のサポートです。
詳しくは,▼運命転換心理学研究所▼にどうぞ。
【プロセスワーク体験のワークショップ開催】
 プロセスワークプラクティショナーとして,プロセスワークを基盤にしたワークショップを月替わりで毎月開催しています。「メロディックドリームワーク」「パートナーシップの依存と自立」「倍音が導くパラレルワールド」の3種類で,深層心理につながる音を活用したちょっとマニアックな,無意識の智恵につながるワークショップです。プロセスワークの入門や体験としても学べて,タロットなどを用いたシンクロニシティの妙もお楽しみいただけます。
詳しくは,▼運命転換心理学研究所▼をご覧ください!
トップ  >  臨床心理士の資格に関して  >  臨床心理士の適性は?
 駆け出しの僕が偉そうにいうことではないですが,「想像力」「創造性」「観察眼」だと思います。もちろん,人間存在への基本的な信頼が根底にあることが前提としての話ですが。クライエントさんの心の自然治癒力というか,生きる力というか,それを信頼できない人には心理的援助は無理だと思います。
 「想像力」,これがないと共感も何もあり得ません。クライエントさんの話を聴いてその状況やその気持ちを想像できないと,共感することなんてできないと僕は思います。自分の経験を当てはめるのではなく,クライエントさんの性格やその状況を把握して,この人だったらどう感じるだろう,どんな気持ちだろうと,想像して感じ取っていくのが共感だと思います。
 「創造性」,これがないと心理面接がパターン化してしまいます。クライエントさんは一人ひとり違う存在で,同じクライエントさんでも会うたびに違います。それを,パターン化して捉えてしまうと,だんだんクライエントさんの実態とずれてくるように思います。人間というのはパターン化することで情報を整理して処理を効率化していますので,創造性というのはある意味でそれに逆行します。流されてしまうとついついパターン化しがちですが,自戒を込めて,1セッションごとに創造性を発揮していくのがクライエントさんのためにもなると思っています。
 「観察眼」,これはクライエントさんに対しても,セラピスト自身に対しても向けられる必要があります。クライエントさんに対しては当然,表情や仕草などの非言語的な情報までを含めて捉えていく必要がありますし,セラピスト自身に対しては逆転移を含めてセラピストの心身に何が起こっているかに注意を払っておかないと,心理面接の場が壊れかねない事態に発展する危険性があります。また,ユング的に考えれば,セラピスト自身の体験に対する気づきをきっかけにしてクライエントさんの理解に役立つこともあります。
 知識や技法は努力して身につけることができるのですが,この3つは適性の部類に入るのではないかと思って挙げてみました。また,ついつい見失いがちな部分でもあると思うので,心構えという意味でも使えるかなと思っています。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
臨床心理士の収入は?
カテゴリートップ
臨床心理士の資格に関して

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

ブログ カレンダー
« « 2018 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
最近のブログ記事
Copyright(c) 2000-2010 Yuji Morita All Rights Reserved.