「臨床心理士・盛田祐司」に 新規登録(無料)しませんか?
メインメニュー
アクセス (2000.10.01〜)
今日 : 274274274
昨日 : 471471471
今月 : 9335933593359335
総計 : 535178535178535178535178535178535178
【「自己成長による運命転換」」の総合的サポート】
 ユング心理学を中心とする深層心理学を発展させたプロセスワークと心理的サポートに特化した心理数霊術などの東洋占術を活用して,「自己成長による運命転換」を総合的にサポートします。心身の症状や対人関係のトラブルと向き合い,起こっていることの意味に気づくことで無意識の智恵からのメッセージを受け取って,「たましいの願い」と呼んでいる心の深いレベルとつながり生きる喜びを感じられる方向性のサポートです。
詳しくは,▼運命転換心理学研究所▼にどうぞ。
【プロセスワーク体験のワークショップ開催】
 プロセスワークプラクティショナーとして,プロセスワークを基盤にしたワークショップを月替わりで毎月開催しています。「メロディックドリームワーク」「パートナーシップの依存と自立」「倍音が導くパラレルワールド」の3種類で,深層心理につながる音を活用したちょっとマニアックな,無意識の智恵につながるワークショップです。プロセスワークの入門や体験としても学べて,タロットなどを用いたシンクロニシティの妙もお楽しみいただけます。
詳しくは,▼運命転換心理学研究所▼をご覧ください!

CPブログ - パートナーシップの依存と自立について

パートナーシップの依存と自立について

カテゴリ : 
臨床心理士(CP)ブログ » 各種セミナー/ワークショップ
執筆 : 
Blogger's Avatar  2018-4-25 16:40
 東京周辺では最近,早くも初夏の陽気という感じもありますが,気候に不安定さが出ているので,心身の調子の変化にご留意くださいね。僕はというと,めまいを中心とする体調不良からはほとんど回復しましたが,親知らずの抜歯をするハメになり,その腫れや痛みとつきあう日々です。まあ,いろいろストレスフルでしたから,厄落としだと思うように受けとめているところです。今回は,5月から定期ワークショップのサイクルに加わる「パートナーシップの依存と自立」について,書きたいと思います。
 4月に入って,以前から続けていたパートナーシップの学びやシェアの場に強くコミットするようになり,より豊かで持続性のあるパートナーシップのサポートを志向するようになりました。僕が離婚するまでのプロセスでも,パートナーシップについて学びながら,自分が経験してきたことを振り返って,心理的な側面でも整理してきました。また,これまでにカウンセリングを通してお話を伺った人たちの中にも,恋愛やパートナーシップの関係性で悩んでいるケースが多くあり,そこでテーマになっていることにはある程度の共通点があると感じてきました。そのひとつに,二人の関係性における依存と自立というテーマが大きく影響していることが挙げられます。単純な例では,心理的・社会的・経済的な文脈などで,一方がパートナーに大きく依存しているという関係性があります。恋愛の片思いの状況でも,想いを寄せる方が相手の言動や振る舞いに気分を大きく左右されるという,心理的な依存状態にあるということができます。もちろん,関係性の中で,ある程度は依存している側面が出てくるのは必然とも言えますし,相互に何らかの形で依存していてバランスがとれているのであれば問題はありません。専業主婦が夫に経済的に依存していても,夫が妻の支えに心理的に依存して(支えられて)いるというような,バランスであれば,基本的には問題ないと言えます。このバランスが崩れた状態が,DVやモラハラ,ストーカーなどの偏った関係性や,心理面での共依存と言われるような関係性と言えるでしょう。

 最近問題になることが多い,主に社会的な文脈でのパワハラやセクハラでも,依存と自立という関係性が問題になっている場合も多いのですが,いずれにしてもお互いの心理的な自立が重要になってきます。社会的な自立や経済的な自立も,現実的な意味で重要な要素ですが,心理的な自立が進んでいかないと,なかなかそこにつながっていきません。ちょっと文脈は違いますが,会社の昇進などで社会的な自立が進んでも,心理的な自立が追いついていないと,適応障害に至るなどのケースも多くあります。この場合は,個人の中でのバランスですが,上司と部下や会社と社員といった関係性における依存が影響しているケースなどが考えられます。また,どちらかあるいは双方の依存が強いという関係性の構造がある場合に,どちらかが成長して自立する方向に進んでいくと,もう一方がその依存関係を維持しようと,自立を阻むように意識的・無意識的な言動をとるケースは非常に多いと言えます。これが,DVやモラハラ,ストーカーといった偏った関係性を悪化させる場合も多く,離婚問題でもトラブルになったり一方の同意が得られないで膠着状態を生み出したりするケースはよく見られます。このように,関係性においては,依存と自立の構造を明確にしていくことが重要なのですが,なかなか当事者同士では見えてこない無意識的な部分がありますので,専門家のコンサルティングが必要になります。そして,できればパートナーシップの双方が,心理的な自立に取り組んでいくことが大切と言えます。

 より豊かで持続性のあるパートナーシップのためにも,お互いの心理的自立というのはとても重要です。パートナーシップという親密な関係性の中では,それぞれが抱えている心の傷つきや幼少時に受けたトラウマなどが浮上してきやすくなります。それによって,何気ない言動で相手を傷つけてしまって関係が悪化したり,どちらかあるいは双方の我慢が積み重なって関係が冷え切ってしまったりという形で,トラブルに発展しやすくなります。関係性の中では,深層心理学で「投影」と呼ばれる相手の言動についての誤解や曲解が,多かれ少なかれ生じてきますが,親密な関係性では顕著になります。この場合,自分と相手の間に心理的な境界線をしっかり意識していくことが重要で,相手の言動に対して自分の心がどのように反応しているのかを整理することが必要になります。依存と自立の構造を理解していくコンサルティングでも,この境界線を心の中に引けることは大切です。そして,心の傷つきやトラウマを二人で理解し共有しながら,必要に応じて専門家のカウンセリング/心理療法を受けていくと,自分の反応を相手と共有しやすくなり,お互いの理解が深まっていきます。また,お互いに心理的な自立が進むことで成長し,より関係性も健全で実りのあるものになっていきます。4月に,恋愛やパートナーシップの関係性のコンサルティング/カウンセリングに特化した▲「こころ道場」▲を開設しましたので,関心のある方はご覧ください。このようなサポートを通して,恋愛やパートナーシップの改善のお役に立てることを願っています。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.kokoro.net/modules/cp_blog/tb.php/253

コメント一覧

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ブログ カレンダー
« « 2018 4月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
最近のブログ記事
Copyright(c) 2000-2010 Yuji Morita All Rights Reserved.