「臨床心理士・盛田祐司」に 新規登録(無料)しませんか?
メインメニュー
アクセス (2000.10.01〜)
今日 : 117117117
昨日 : 115115115
今月 : 3694369436943694
総計 : 524562524562524562524562524562524562
【「自己成長による運命転換」」の総合的サポート】
 ユング心理学を中心とする深層心理学を発展させたプロセスワークと心理的サポートに特化した心理数霊術などの東洋占術を活用して,「自己成長による運命転換」を総合的にサポートします。心身の症状や対人関係のトラブルと向き合い,起こっていることの意味に気づくことで無意識の智恵からのメッセージを受け取って,「たましいの願い」と呼んでいる心の深いレベルとつながり生きる喜びを感じられる方向性のサポートです。
詳しくは,▼運命転換心理学研究所▼にどうぞ。
【プロセスワーク体験のワークショップ開催】
 プロセスワークプラクティショナーとして,プロセスワークを基盤にしたワークショップを月替わりで毎月開催しています。「メロディックドリームワーク」「シャーマニック・コラージュ」「倍音が導くパラレルワールド」の3種類で,深層心理につながる音を活用したちょっとマニアックな,無意識の智恵につながるワークショップです。プロセスワークの入門や体験としても学べて,タロットなどを用いたシンクロニシティの妙もお楽しみいただけます。
詳しくは,▼運命転換心理学研究所▼をご覧ください!

CPブログ - 対人援助職とパーソナリティ

対人援助職とパーソナリティ

カテゴリ : 
臨床心理士(CP)ブログ » 心理臨床の現場から
執筆 : 
Blogger's Avatar  2017-4-26 18:30
 今月も下旬の更新となりましたが,1〜2月の慌ただしさに比べると,少しペースができてきた感じですね。少しずつ,本来の更新時期になるようにしたいと思います。新年度に環境が変わったりした方は,5月あたりで疲れが出てくるので,ゴールデンウィークに休養をとったり,リフレッシュしたりできるように計画してみてくださいね。僕もなかなかここ数ヶ月の疲れが取り切れないので,オフィスもしばらくお休みをいただいてリフレッシュしたいと思います。今回は,対人援助職とパーソナリティについて書きます。
 対人援助職というと結構広い領域になりますが,カウンセラー/セラピストなどの心理や身体のケアはもちろん,教育や福祉などにわたります。前にも少し書いたと思いますが,このような仕事の場合,援助する側はその関係性において,プロセスワークで言う「ランク」の高い側に構造的に入ることになります。ランクが低い方からはそのランクを感じて,例えば遠慮したり従ったりするような心理が働きますが,ランクが高い方はなかなか自覚できないことが多くあります。ランクの高い方に自覚があれば,そのランクから降りるように関係性を意識していきますが,無自覚なままだと,その関係性で付与されたランクを乱用してしまいます。新年度に入ると,そういう対人援助職のランクの問題が目立つようになりがちで,最近もそういう話を複数耳にしています。そして,ランクの乱用は,その人のパーソナリティが色濃く反映されると考えられます。対人援助職を目指す人の中には,心理的な権威のようなものを得ることに無意識的な欲求を抱いていることがありますが,そういう人がランクをもつと権威的になります。そこに専門性を持ち込んで武器にするので,援助を受ける側の相手をその知識で決めつけたり,自分の思う方向にコントロールしようとします。

 カウンセラーの場合は,「説教する」という形で表れることが多く,これはクライエントさんも疑問を感じやすいのですが,教育の領域などでは「指導」という社会的な意味での関係性が働くので,複雑になります。本当に相手が良い方向に向かうことを願っての「愛情」なのか,ただ自分の権威を振りかざしたいだけの「暴力」なのか,簡単にわかりそうなものですが,いろいろな事情がからんだり表面的に望ましい形を装えたりすると,判断が難しい場合もあります。基本的には,その関係性の中でランクが低い側がそれをどう感じているかということが重要で,何らかの傷つきを感じているのであれば,ランクの乱用を疑ってみる必要があります。こういう判別は,パワハラやセクハラ,DVや虐待といった事例でも重要になりますが,ランクの低い方がある種のコントロールを受けていると,「これは自分のことを考えてくれているから」とか「自分が至らないので直そうとしてくれているから」という形で表面化しない場合もたくさんあります。この辺りにもパーソナリティが関係していて,関係性の中でランクが低い側におかれると,反対に何でも被害的に感じてしまうタイプの人もいるので,難しいところがあります。第三者的に,その関係性を理解したり援助したりしようとするのであれば,双方のパーソナリティとその関係性におけるランクの構造を総合的に見ていくことが大切になりますね。

 ランクの乱用に戻りますが,対人援助職の中でも,特に心理カウンセラー/セラピストの立場にある人は,自分のパーソナリティ傾向をよく理解しておくことが重要です。権威の欲求の中には,相手を依存させることも含まれますが,カウンセリング/心理療法で複雑になるのは,この依存という関係性の構造から抜けられなくなる場合です。クライエント側のパーソナリティに依存性が強いと,いわゆる共依存の状態に陥りやすくなりますし,開業している場合などは経済性のメリットもあるので,違う意味でもカウンセラー/セラピスト側の依存が起こったりもします。また,カウンセラー/セラピスト側のコンプレックスが影を落とすと,相手の人格まで否定するような言葉を浴びせる事例もあるので,よくよく自分自身のコンプレックスやユングの言う「影(シャドウ)」と向き合っていくことが大切だと思います。深層心理学では教育分析などの形で自分と向き合うことが重視されますが,継続的にしっかり取り組んでいる人は,残念ながらとても少数派です。クライエントさんは,自ずと自分と向き合うことになるのですから,カウンセラー/セラピストが普段から自分と向き合っていることで,ランクの自覚やそこから降りることもやりやすくなるんですけどね。あとは,カウンセラー/セラピストが自らのコンプレックスや欠点を自覚して,パーソナリティ的な成長に向けて努力を怠らず続けていくことが重要だと思います。自戒を込めて,対人援助職やそれを目指す人に何か伝わることを願っています。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.kokoro.net/modules/cp_blog/tb.php/241

コメント一覧

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ブログ カレンダー
« « 2017 4月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
最近のブログ記事
Copyright(c) 2000-2010 Yuji Morita All Rights Reserved.