「臨床心理士・盛田祐司」に 新規登録(無料)しませんか?
メインメニュー
アクセス (2000.10.01〜)
今日 : 2424
昨日 : 5252
今月 : 1263126312631263
総計 : 563126563126563126563126563126563126
【「自己成長による運命転換」」の総合的サポート】
 ユング心理学を中心とする深層心理学を発展させたプロセスワークと心理的サポートに特化した心理数霊術などの東洋占術を活用して,「自己成長による運命転換」を総合的にサポートします。心身の症状や対人関係のトラブルと向き合い,起こっていることの意味に気づくことで無意識の智恵からのメッセージを受け取って,「たましいの願い」と呼んでいる心の深いレベルとつながり生きる喜びを感じられる方向性のサポートです。
詳しくは,▼運命転換心理学研究所▼にどうぞ。
【プロセスワーク体験のワークショップ開催】
 プロセスワークプラクティショナーとして,プロセスワークを基盤にしたワークショップを月替わりで毎月開催しています。「メロディックドリームワーク」「パートナーシップの依存と自立」「倍音が導くパラレルワールド」の3種類で,深層心理につながる音を活用したちょっとマニアックな,無意識の智恵につながるワークショップです。プロセスワークの入門や体験としても学べて,タロットなどを用いたシンクロニシティの妙もお楽しみいただけます。
詳しくは,▼運命転換心理学研究所▼をご覧ください!

CPブログ - 子どもの心に必要なこと

子どもの心に必要なこと

カテゴリ : 
臨床心理士(CP)ブログ » 心理臨床の現場から
執筆 : 
Blogger's Avatar  2018-10-31 23:29
 最近の気温差に体がついていかないようで,ストレスも伴って風邪を長引かせてしまい,10月末ギリギリの更新となってしまいました。お待たせしてごめんなさい。まだ治ったわけでもないので,少し短めになると思いますがご了承ください。今回は,子どもの心に必要なことについて書きたいと思います。
 長年,非常勤で教育相談に従事してきて,ざっと考えると500人ぐらいの子どもを見てきたと思います。僕は子育てをしたことがありませんが,様々なケースを通して親子関係を見てきて,子どもとの関わりを通して実感してきたことは豊富にありますので,その中で感じてきたことを書いていきます。「子どもの心に必要なこと」と題しましたが,一般的には「愛情」ということでいいのだと思います。ただし,「愛情」というのは抽象的で,どのようにも解釈されてしまう側面があると感じています。極端な話,暴力でさえも「愛情」と結びつけられかねず,「愛のムチ」という言葉がありましたが,本来の意味と解釈の仕方が大幅にずれていってしまう危険性があります。

 僕の感覚を言葉にまとめると,シンプルに「心を向けて見てもらえている感覚」だと言えます。これは,子どもが感じられているということを中心に考える必要があり,それが子どもの育ち方に大きく影響していきます。もちろん,親を中心に周囲の大人が「愛情」をもとに「心を向けて」いくわけですが,「見てもらえている感覚」を子どもが感じられることが,子どもの心の栄養になっていきますし,情緒的・心理的に子どもが育っていくために不可欠だと考えています。何らかの形で虐待を受けてきたり,親の関わりが薄く愛情不足で育ってきた子どもが,例えば施設などで暮らす場合に,周囲の大人に「試し行動」をすることが多くあります。これも,「見てもらえている感覚」を得ようとする試みで,教育相談の臨床でもそれに近い行動をとる子どもがいます。

 思春期の反抗や問題行動でも,基本的には同じ側面があって,大人になる過程で「個」を確立しようとする過程で,「見てもらえている感覚」が不充分だと,やはり「試し行動」を行います。思春期の場合は,それまでの様々な傷つきが重なって複雑になっていて,親だけでなく周囲の大人にも広がるという点で,小さい頃との違いはありますが,心が求めていることは共通しています。親や教師など周囲の大人が熱心に子どものことを考えているように見えても,子どもの側に「見てもらえている感覚」が得られていないことも多くあります。それは,「大人の都合」が入っている度合いによると言えます。親や先生が熱心に見えても,その裏に「良い親(先生)に見られたい」といった願望の方が強いと,子どものためにいろいろやっていても「見てもらえている感覚」にはなりません。むしろ,子どもの方が「見てもらえていない」という傷つきを深めていきます。もちろん,100%大人の都合が入らないというのは難しいので,自分がどのように「大人の都合」で動くのかを,無意識レベルで気づいていくことが大切だと思います。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.kokoro.net/modules/cp_blog/tb.php/259

コメント一覧

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
最近のブログ記事
Copyright(c) 2000-2010 Yuji Morita All Rights Reserved.