「臨床心理士・盛田祐司」に 新規登録(無料)しませんか?
メインメニュー
アクセス (2000.10.01〜)
今日 : 5151
昨日 : 6868
今月 : 3875387538753875
総計 : 550193550193550193550193550193550193
【「自己成長による運命転換」」の総合的サポート】
 ユング心理学を中心とする深層心理学を発展させたプロセスワークと心理的サポートに特化した心理数霊術などの東洋占術を活用して,「自己成長による運命転換」を総合的にサポートします。心身の症状や対人関係のトラブルと向き合い,起こっていることの意味に気づくことで無意識の智恵からのメッセージを受け取って,「たましいの願い」と呼んでいる心の深いレベルとつながり生きる喜びを感じられる方向性のサポートです。
詳しくは,▼運命転換心理学研究所▼にどうぞ。
【プロセスワーク体験のワークショップ開催】
 プロセスワークプラクティショナーとして,プロセスワークを基盤にしたワークショップを月替わりで毎月開催しています。「メロディックドリームワーク」「パートナーシップの依存と自立」「倍音が導くパラレルワールド」の3種類で,深層心理につながる音を活用したちょっとマニアックな,無意識の智恵につながるワークショップです。プロセスワークの入門や体験としても学べて,タロットなどを用いたシンクロニシティの妙もお楽しみいただけます。
詳しくは,▼運命転換心理学研究所▼をご覧ください!
  • カテゴリ 当ウェブサイトについて の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

CPブログ - 当ウェブサイトについてカテゴリのエントリ

 今年も残すところ,あと数日となりました。風邪が長引いていましたが,ようやく治って年末年始をゆっくり迎えられそうです。みなさんも心身をケアしつつ,よいお年をお迎えください。今年最後のブログになりますが,僕自身が離婚のプロセスをたどってきて,いろいろ取り組んできたこともあり,パートナーシップについて書きたいと思います。

...続きを読む

劣等感と自己成長

カテゴリ : 
当ウェブサイトについて
執筆 : 
Blogger's Avatar  2015-6-26 0:41
 梅雨に入って,何か気分が乗らないという人も多いと思います。雨の日は憂鬱な気分になるという人も多いですが,これには気圧が関係しています。気圧は自律神経に影響を与えるので,心身を問わず慢性的な症状をもっている人は,気圧による症状の変化を敏感に感じます。特に症状がなくても,何となく気分が乗らないという感じになります。逆に,休養を取って心身を回復させるにはいいので,できるだけゆったり過ごしましょう。さて,今回は劣等感と自己成長について書いていきます。

...続きを読む

変性意識状態と子ども心の活用

カテゴリ : 
当ウェブサイトについて
執筆 : 
Blogger's Avatar  2013-10-25 16:38
 寒暖差が激しかった頃に風邪をひいてしまって,今回は症状がひどく何とか仕事を乗り切ってきたという感じで,ブログの方は遅れてしまいました。毎度のことながら,お待たせしてしまいごめんなさい。今回は,11月10日にシャーマニック・コラージュ無料体験会の第2弾が行われることもあり,9月29日に初お披露目となった体験会の様子をお伝えして,関連する変性意識状態について書きたいと思います。

...続きを読む

シャーマニズムと心理療法

カテゴリ : 
当ウェブサイトについて
執筆 : 
Blogger's Avatar  2013-9-28 19:22
 もう恒例のような感じで恐縮ですが,遅れてごめんなさい。講義をしている看護学校の夏休みが明けたのと,いろいろと忙しくなってしまって,ブログの方まで手が回りませんでした。オフィスのFacebookページやツイッターでは毎日何か書いていますので,次の更新まではそちらもお楽しみください。・・って,言い訳になってない気がしますが,今回はシャーマニズムと心理療法について書きます。

...続きを読む

 まず,今年2つめとなる学会発表のおしらせです。
■日本心理臨床学会第28回秋季大会
・題名:授業妨害を起こすアスペルガー傾向の男児とのプレイセラピー
    −内的イメージの世界に参入することで敗者イメージが変容した過程
・日時:2009年9月21日(月)15:15〜16:45
・備考:参加資格は学会員のみとなります。
 今回は,昨年の学会発表の中心テーマであった,発達障害,特にアスペルガー傾向をもつ児童へのプレイセラピーの有効性という点を引き継いでいます。昨年発表した事例では,内的イメージを豊かに表現してくれたことで,プレイセラピーもThが器となることで自然に展開されていました。今回は,内的イメージが勝負の中の「敗者」に投影されており,そのままプレイとして勝者−敗者という形式的(意識的)な軸で捉えてしまうと見過ごしてしまいやすいことが特徴の事例です。アスペルガー傾向のプレイセラピーの場合,象徴機能が未熟なために事物を対象とした具体的な形で表れやすく,通常より無意識に近い深いレベルでClの内的世界に参入する必要が出てきます。今回は,その過程を取り上げました。

...続きを読む

 アクセスありがとうございます。このウェブサイトは,臨床心理士である「盛田祐司」が日々感じたことを不定期に記す「ブログ」と,心理学に関心のあるみなさんがコミュニケーションする場の「フォーラム」から主に構成されています。

...続きを読む

 リニューアル前のサイト「臨床心理士への道」は,「臨床心理士」の資格取得に伴い,本日づけを持ちまして「臨床心理士・盛田祐司」へとリニューアルいたしました。

...続きを読む

2000年04月:旧サイト「臨床心理士への道」として開設

...続きを読む

 当サイトでは,一定以上の利用をしたい方にユーザ登録をお願いしています。ユーザ登録は無料ですので,ぜひ気軽に登録してくださいね。

...続きを読む

 ブログとフォーラムは,コミュニケーションの場として機能します。積極的な利用を歓迎しますが,法律に抵触するもの,公序良俗に反するもの,守秘義務や個人情報保護に反するもの,コミュニケーションの一環と見なされない広告・宣伝などは全面的に禁止しており,サイト管理者の責任と権限で発見次第削除します。

...続きを読む

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

ブログ カレンダー
« « 2018 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
最近のブログ記事
Copyright(c) 2000-2010 Yuji Morita All Rights Reserved.