「臨床心理士・盛田祐司」に 新規登録(無料)しませんか?
メインメニュー
アクセス (2000.10.01〜)
今日 : 2323
昨日 : 5252
今月 : 1262126212621262
総計 : 563125563125563125563125563125563125
【「自己成長による運命転換」」の総合的サポート】
 ユング心理学を中心とする深層心理学を発展させたプロセスワークと心理的サポートに特化した心理数霊術などの東洋占術を活用して,「自己成長による運命転換」を総合的にサポートします。心身の症状や対人関係のトラブルと向き合い,起こっていることの意味に気づくことで無意識の智恵からのメッセージを受け取って,「たましいの願い」と呼んでいる心の深いレベルとつながり生きる喜びを感じられる方向性のサポートです。
詳しくは,▼運命転換心理学研究所▼にどうぞ。
【プロセスワーク体験のワークショップ開催】
 プロセスワークプラクティショナーとして,プロセスワークを基盤にしたワークショップを月替わりで毎月開催しています。「メロディックドリームワーク」「パートナーシップの依存と自立」「倍音が導くパラレルワールド」の3種類で,深層心理につながる音を活用したちょっとマニアックな,無意識の智恵につながるワークショップです。プロセスワークの入門や体験としても学べて,タロットなどを用いたシンクロニシティの妙もお楽しみいただけます。
詳しくは,▼運命転換心理学研究所▼をご覧ください!
  • カテゴリ 臨床心理士資格関連 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

CPブログ - 臨床心理士資格関連カテゴリのエントリ

 急に涼しくなってきたこともあるのか,最近は風邪が流行っているようです。野口整体的には「風邪の効用」ということもあるのですが,体調が良いに越したことはありませんので,服装の調整などに注意して乗り切りましょう。今回は,公認心理師試験を終えて少し気分的には落ちついたので,その前に話題提供者を務めた学会での自主シンポジウムのことも含めて,感想などを書いていこうと思います。

 公認心理師の第一回国家試験は,9月9日に行われたのですが,1週間前の9月2日には神戸にいました。日本心理臨床学会で自主シンポジウム「開業臨床のやりがいと楽しさ」をテーマに,話題提供者としてお話をする役割でした。学会の大会日程の最終日の最後の枠で,遠方の参加者は帰り始める午後の時間で,しかも公認心理師の試験前とあって普段の半分程度の参加者といった印象の状況としては,多くの来場者があり,ディスカッションも活発に行われました。個人的にも,開業臨床という自分自身の過程を振り返り,自分のオフィスをより多くのクライエントさんに役立つ方向に発展させていこうと,改めて考える機会にもなりました。うつ病や双極性障害を中心に,精神症状などのカウンセリング/心理療法に特化する形で部門化した▲「こころオフィス・盛田」▲が,開業から10周年を迎えたこともあり,これまでの臨床実践の経験で培ったカウンセリング/心理療法に関する話題を,▲「こころブログ」▲として新たに開始することにしました。こちらのブログよりは,短めの文章で更新頻度を高くして,治療論的なことを中心にしていく予定です。どちらもよろしくお願いいたします。

 公認心理師試験ですが,個人的なイベントもあって,実質的に1ヶ月ぐらいしか勉強する期間はありませんでした。7月から,単発で勉強会に参加したり,得られた情報などからテキスト等を準備したりはしていましたが,なかなか上がらないモチベーションを何とか上げていこうという感じで参加していました。1ヶ月といっても,仕事をしながらですし,神戸での学会期間は慣れない環境の疲れもあり,勉強がほとんど進まない時期もありました。帰宅後も疲労が数日間抜けず,その上,家族がいる北海道の地震で落ち着かなかったり,夏休みをとってはいたのですが,1週間以上はほとんど進みませんでしたね。当日,試験問題を見ると,勉強した甲斐がないとは言いませんが,テキストなどで学び直したりしたところはあまり出ず,今まであまりなじみのなかった分野の問題は,基礎知識程度は何とかなっても,その分野の経験がないと難しい問題も散見され,第一回の国家試験としては,他のものより難易度が高い傾向にあるように感じました。他の様々な国家試験では,最初の方の試験はやさしく,回を重ねるごとに難易度が上がる傾向にあることから,「そんなに難しい問題は出ないだろう」といった意見も聞こえてきていましたので,問題を見て不安になったところはありました。事例問題などでは,選択肢の複数が正解となり得る微妙な問題が結構あり,悩まされた感覚も残り,全体として「難しい」という感想をもちました。

 試験後に,感想を聞いたり話し合ったりしても,ほとんどの人が似たような感想で,悲観的になっている人もいました。僕の方は,模試などを実施していた業者が調べた正解に基づく答え合わせをした限りでは,6割程度と言われる合格基準はクリアしていると思われるので,とりあえずひと安心という感じではあります。正式の合格発表は11月末と,結構な期間がかかるので,それまでは試験勉強などで脇に置いていたやるべきことを進めたり,やりたかったことを楽しんだりしていこうと思います。合格しただけでは,公認心理師を名乗ることはできず,登録手続きをする必要があるので,それを済ませて12月中には完了の報告ができるのではないかと思います。国家資格とはいえ,業務独占ではなく名称独占ですし,公認心理師になったから何かが大きく変わるというわけでもないのですが,公認心理師法という法律に基づいて開業臨床における諸規定を見直して,必要に応じて改訂する作業などが必要になると思います。「医師の指示」に関する条文を実際にどう運用するかは大きな懸案で,医療以外の分野では現場レベルで混乱する可能性もあります。そういったことも踏まえて,来年も開業領域について,自主シンポジウムを開催する予定で進めています。とりあえずは,合格が決まれば,12月のブログで開業オフィスに関する公認心理師の話題をまた書きたいと思いますので,またチェックしてみてくださいね。
 体調が思わしくない状態が続いていましたが,春の訪れとともに少しずつ回復に向かっています。心の葛藤などもそうですが,自律神経系の体の不調も目に見えないので,なかなか伝わりづらい感覚を味わってもいます。こういう体験もまた,臨床に活かされていくでしょう。今回は,まもなく新しい年度が始まるので,新年度の大きなトピックでもある,公認心理師の国家試験について書きたいと思います。

...続きを読む

 秋を通り越して,冬のような寒さを感じる日が増えてきました。急激な気温変化は,自律神経を乱れさせて心身の不調につながりますので,気をつけてお過ごしくださいね。僕も,時々軽い風邪をひいたりしていますが,今のところ大きく崩すことはなく済んでいます。さて,今回は心理職としての国家資格である公認心理師に関して,受験資格などについて書いておきたいと思います

...続きを読む

 今月は,ついに月末ギリギリというタイミングの更新になってしまい,お待たせしてごめんなさい。プロセスワークのトレーニングの機会が多かったり,僕自身のテーマへの取り組みがいろいろと出てきていて,慌ただしく日々が過ぎていきました。かろうじて,連休にリフレッシュもできたのですが,なかなかブログに手が回りませんでした。そうこうしている間に,公認心理師法が国会で正式に成立しましたので,それと臨床心理士資格との兼ね合いについて書こうと思います。

...続きを読む

 毎度のことながらという感じですが,更新が遅れてごめんなさい。今月は風邪から体調を崩してしまい,何とか通常の仕事をこなしてきたという感じで,気がついたら月末になっていたという状況です。今年も気がついたらそろそろ12月ですが,やり残しのないような1年の締めくくりにしたいですね。今回は,最近の心理業界(?)の動向とその雑感を書いてみたいと思います。

...続きを読む

 何かと忙しくなってしまい,なかなかブログ記事に手をつけられない状況で,いつも更新が遅れて申し訳なく思います。梅雨時期は天候や気温の変化が大きく,気がつかないうちに環境的なストレスが蓄積して心身の調子を崩しやすいので,ちょっとした心身の変化に注意していきましょう。今回は,法案が審議入りになった国家資格,「公認心理師」について書きたいと思います。

...続きを読む

 今回の内容は,「日本臨床心理士会雑誌」No.60 に掲載された内容と関連していますので、臨床心理士の方でないとわかりづらいかなと思いますが,資格制度の中では重要な動きだと思うので感想や意見を書きたいと思います。なお,前回のブログで書いた内容は,同誌p.12より掲載されている僕自身の原稿に対する,補足的な内容となっていますので,併せてお読みいただけると幸いです。可能な範囲で,同誌を読めない人にもわかるように書いていきます。
 日本臨床心理士会として,表題のような基本見解が出されました。内容の詳細はある意味では内部資料なので書かない方がいいと思うので避けますが,開業(ブログでは一般的なこの用語を使っています)するにあたって,必要と考えられる心理臨床の経験や研修,連携のためのネットワーク,開業の前提となる環境や条件などについて網羅的に挙げられたものです。また,将来的には登録制度を整備する方向ということも検討されているとのことです。感想として大ざっぱに言えば,内容的には妥当なんだろうと思います。
 ただ,基準として経験年数とか研修時間数とか,量的な基準が中心になるのは,ある程度の目安になると思うんですが,クライエントさんにとって必要なのは質の問題,要するに信頼と実力の部分だと思うんですよね。その辺りをもう少し加えてもいいのかなと。例えば,SVをある程度義務づけるとすれば,そのヴァイザーがヴァイジーの心理臨床の質を評価するとか,一定以上の質を保っている人が開業していますという制度にしていく方がいいんじゃないかと。まあ,そういうことを言い出すと,今度はヴァイザーの質とか適正な評価方法ということについての検討が必要になるわけですが。私見としては,何年経験があるとか何百時間研修したとかは一定の基準にはなるけど,それが必ずしも実力につながるとは限らないと思っているので,質を基準にするということが大変なことを承知しつつも,量的なものではなく質的なものを扱う臨床心理士だからこそ取り組んでいく必要があると思っています。

...続きを読む

 国家資格化も気になるところだけど,今年も臨床心理士の資格試験が行われました。昨年は4〜5回ぐらいの訂正アナウンスがあって,その度に集中が途切れるという悪条件下だったけど,今年は訂正は全くなかったそうです。昨年は学部卒で5年以上の実務経験経験者が受験できる最後のチャンスで,訂正アナウンスの不利益を考慮してほしいと一部の受験者グループが要望書か何かを出したらしいので,その影響もあって改善されたのかな?
 かいつまんで受験した人から情報を聞くと,

...続きを読む

 10月9日に,東京大学で「心理専門職に関する国際シンポジウム〜国家資格化をめぐって〜」という国際シンポジウムが日本心理臨床学会の主催で行われました。1,100名の定員だったけど,半分埋まっているかどうかという感じで,もっと関心が高いのかと思ったんだけど,みなさん忙しいんでしょうか。聞くところによると,何かの学会とも日程が重なっていたらしいですけどね。
 国家資格化に向けて活動している国会議員数名からのメッセージがあったりして,

...続きを読む

 今年も臨床心理士の資格試験の季節。今月の14日に一次試験ということで,受験する人たちは追い込み中という感じかな?僕は去年受験して1年経ったわけで,もう1年というかまだ1年というか,そんな感じ。まだまだやりたいことをやりたいようにできるわけでもなく,いろいろと模索中。まあ資格取ってからがスタートラインと思っていたし,焦らず努力するしかないけど。ともかく,今年受験のみなさん,頑張ってくださいね。同じ道を歩む者として,心よりエールを送ります。
 去年の受験を振り返ってアドバイスするとすれば,

...続きを読む

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

ブログ カレンダー
« « 2018 11月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
最近のブログ記事
Copyright(c) 2000-2010 Yuji Morita All Rights Reserved.